\即日融資おすすめ1位/


今すぐ借りるなら1位はプロミス!
借入可能か簡単3秒診断は
>>こちらをクリック<<

トップページ

「とにかく今すぐお金が必要」
「給料日前の急な出費でピンチ」

当サイトでは、今すぐお金が必要だけど審査に通るか不安という方に、即日で借りれるおすすめのキャッシング先をご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日融資ランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~18.0%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

「家族にバレたくない」「旦那にバレたくない」「職場にバレたくない」ネット申し込みなら誰にもバレることなく借り入れできます。郵送物無しを希望するならプロミスの他にモビットも評判です。

お金が必要なときに読むコラム


即日お金が必要なときの借入れは借り換えが心置きなく可能なことも一つの魅力でしょう。もし、より都合よく借りることができる所があるなら、そこから借金をして、前の会社のお金を返せばいいだけです。このようにして借り換えを利用すれば、もっと都合のよい条件で利用できることもあります。即日お金が必要なときの借入れを利用する際には、審査に通る必要があるのですが本人確認やその人の属性、信用情報、在籍確認や書類確認といった様々な審査項目があります。それらの項目を全て確認し判断した上で、返済能力があるかどうか判断するという訳です。もしも申請内容に嘘の情報が発見された場合、審査に通るのは難しいでしょう。具体的には、多額の借金を抱えていたり今まで大きな事故を起こした事のある方は、審査に通る可能性は極めて低いでしょう。金融機関からお金を借りた場合、利子を含めて返済する必要があります。この利子は契約時の利率を元に計算されますが、キャッシングの場合は借りた日数だけ利息がかかるので、借りている日数が短ければ短い程、利息を減らすことができます。このことを理解していれば、普段から即日お金が必要なときの借入れを利用しても、早めに返済することで利息を小さくできます。できる限り長期間の借り入れを避けるようにすることが即日お金が必要なときの借入れを便利に使うためのポイントなのです。そのため、次の収入までのつなぎ資金として即日お金が必要なときの借入れを利用するのが賢い活用方法だと言えます。現金が乏しいときに使える代用品として便利なクレジットカードの機能は「ショッピング枠」、「即日お金が必要なときの借入れ枠」、「利用限度額」という3つが機能としてついているようです。使用可能な最高額の範囲内に対しては「ショッピング枠」「即日お金が必要なときの借入れ枠」が含まれている、との事ですが、私は友達や1人で行く買い物の時にしか使用したことがありません。頻度は少ないです。なので、借入する場合はどうすれば融資実行になるのでしょうか。理解が乏しいので急に現金が足りなくなった場合のために知識として身につけておきたいです。最近では即日お金が必要なときの借入れに必要な書類や審査基準などが従前より甘くなってきているように思います。かつては借金するのは難しく、保証人はぜったい立てなければならず提出書類も多いので、ものすごいストレスでした。本当に、いまは違うと感じます。保証人不要というのがもはや普通ですからね。どうしたって当日中には借りることが出来ます。ダメならほかのところでやり直しもききます。乱用はできませんが、借りる立場としては、歓迎すべき恩恵であることを強く感じます。意外に思われるかもしれませんが、税金が未納な状態でも即日お金が必要なときの借入れサービスの審査落ちの原因にはなりません。中には、延滞して利息が膨らんだ税金を返済するために、即日お金が必要なときの借入れの貸付金で税金を支払うという節約方法もあります。税金未納による督促状や勧告が出されても滞納し続けると財産が差し押さえされるケースも少なくありません。ですから、返済の目途があるのなら、即日お金が必要なときの借入れでお金を借りて未納分の税金を払うのがおススメです。また、一度に払えないという場合でも、市役所に行けば分割して納税できるようにしてくれたり、特別減税といった、課税が難しい人のための措置をしてくれるでしょう。後回しにして放置するのは厳禁です。何に利用するかは審査等に影響せずに金銭を借入れられることがいわゆるフリーローンの魅力的な部分です。その資金を何に使うのか問われた際、「冠婚葬祭」や「資格取得の為」などどんな内容でも構いません。「引っ越しの為」などは後々連絡がつかない恐れがある為に懸念されるようです。「債務返済の為」など他の返済をする為だなんてことは理由としては全くもって不適切です。その理由を変えない限りどこの審査でも通りません。クレジットカードとは別の、資金の貸付に使うカードはたとえ限度額があっても、余った分を買物に利用することはできません。けれど、クレジットカードのキャッシング枠なら、その分の現金を借入れることができます。この方法でのキャッシングは信用情報上はカードローン利用時と等しく、年収の3分の1以上の借入が禁止となる規制の対象です。深夜や早朝などに急にお金が必要になった場合は、どうすればよいでしょうか。銀行ATMでご自身の口座から貯金を下ろすことも可能ですが、200円程度の時間外手数料を払わなければなりません。ところが、多くの即日お金が必要なときの借入れサービスでは、時間外手数料がかからないATMが使えます。利息の心配をされる方もいますが、借入期間が短ければ数円の利息しか付かないので、数百円の時間外手数料を払うより余分な出費を節約できます。即日で審査が終わりなにかしらの担保や保証人を用意する必要がないのも便利です。借金は総量規制によって、借金限度額は決められてしまいます。借金があるかないかによっても異なりますので、できたら借入を少なくしてから、申し込みしてください。年収の3分の1以下しか借りられないことは心得ていてほしいです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス